今日の集い 明日への奉仕

倉吉ライオンズクラブ 2017年度スローガン

ゲストスピーチ「若者を育む」

4月第2例会ゲストスピーチ

鳥取短期大学 学長 松本 典子 様
演題:「若者を育む」

L河本 裕

4月第2例会で「鳥取短期大学」学長の松本典子氏をお招きし、お話を聴きました。演題は「若者を育む」(地元で生きていこうとする若者を大切に育む)
鳥取県内の18歳の人口は約5,500人で、大学進学 2,300人(42%)専門学校1,600人(29%)就職1,300人(24%)予備校その他300人(5%)で高等学校卒業生の7割は進学だそうです。(私の50年前の時代は3割位であったでしょうか)近年の進学率UP、これは自分の希望する職業の専門的知識と資格取得が就職時にどうしても必要である為でしょう。
そして大学進学者2,300人の進学先をみると、県内532人(23%)、県外1,768人(77%)で、約8割は県外に出て行ってしまいます。
県民の減少、この流れを少しでも食い止める為に、地元で生きていこうとする若者を又県外の大学進学者も大切に育む事が大切である、この様な講演でした。
我々も「青少年育成」に知恵を絞って努力しよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年5月10日

花見例会が開催されました

春の花を楽しみながら

会報委員長 L穴田 守

4月12日(水)、清水庵にてメイクアップで打吹ライオンズクラブの中原さんとメンバー22名の参加で、L清水に飾ってもらった春の花を楽しみました。美味しいお酒と肴で、ほろ酔い気分となったところでオークションが始まり、次々と競り落とされてゆき、帰りも両手に花の方もおられました。この収益金はドネーションの一部となりました。
又、4月会報表紙に載せた湯梨浜町 市橋邸のしだれ桜は地元の知人に紹介してもらい撮影させていただきました。ご主人の話では、樹齢は約140年にもなり、東北地方の方から譲り受けた苗木5本のうちの1本で、極楽寺のしだれ桜と兄弟桜となるそうです。この頃に成ると、近所の人や幼稚園児、ネットで調べた人が来られるそうで賑やかになると言っておられました。
個人の庭でこれだけの桜は珍しく、良いものを見せていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年4月25日

ゲストスピーチ「鳥取県中部の発展に向けて」

3月第2例会ゲストスピーチ

学校法人 松柏学院 倉吉北高等学校 校長 横山 尚登 様
演題:「鳥取県中部の発展に向けて~倉吉北高等学校の果たす役割~」

L多田 典子

倉吉北高校の校長 横山尚登先生に講演をいただきました。
非常にやる気に充ち、活気、向上、変革のある先生が1年前の四月より倉北の校長になられ、期待が大きくふくらんでいるところです。
まず、中部地区の高校へ進学する子どもが少ない、そこからお話は始まりました。 というのも赤碕中学校、東伯中学校あたりは生活圏が西部の方が慣れている関係で西部に行ってしまう。又、倉吉、東郷の子どもは、附属中など東部に行く、そんなこんなで中部の高校が手薄になってしまう。なんとかせねばと倉北は私立でもあるので、踏ん張らねばと努力している。
倉北の子どもは勉強に運動に落ち着いて頑張っているということでした。

 

 

 

 

 

 

2017年4月15日

ゲストスピーチ「サクラを通して見えるもの」

3月第1例会ゲストスピーチ

アーボリテック樹木医事務所 吉岡 武雄 様
演題:「サクラを通して見えるもの」

前会長 L山本 彰

3月の例会で樹木医師の講演が聞かれるということで前々から楽しみにしていました。「サクラを通して見えるもの」という演題でしたが、特にしだれ桜についてのお話が多かったようです。この桜は台木に接ぎ木をしてできた品種で日本だけにあり、上に伸ばす遺伝子がなく、下に垂れる習性を持つそうです。直線で上に伸びる枝、横通しの枝は成長・美観に反する類なので、その枝を伐採するそうです。この講演を聞いて、50周年の記念事業で競技場に植樹したしだれ桜を見に行ったところ、上部は2又枝、横枝も長く伸びていました。脚立の届く高さが限度なので早い時期に選定が必要なようです。
その他にも、根の深さ、樹脂皮のこけ、肥料、ヤゴ、ヒコバエ、剪定の面仕上げ、冬の剪定は割れるなどの注意点を受講しました。「腹ペコだと良い芸をしません」この言葉にすべてが隠されているようです。
4月8日、9日には伯耆しあわせの郷でしだれ桜の里まつりが盛大に開催されるそうです。受講の内容を確かめながら、家族で花見に行こうと思っています。

 

 

 

 

 

 

2017年4月14日

事務局移転のお知らせ

このたび、倉吉ライオンズクラブは事務局を移転いたしました。

新しい事務局の住所
〒682-0816
鳥取県倉吉市駄経寺町212-5 鳥取県立倉吉未来中心(団体事務局サロン内)

 

 

 

 

 

2017年3月29日

ゲストスピーチ「県立美術館の建設場所について」

2月第1例会ゲストスピーチ

㈱新日本海新聞社 中部本社 元代表 佐伯 健二 様
演題:「県立美術館の建設場所について」

テールツイスター L名越 宗弘

中学時代の恩師、多田先生を前にして、理路整然としたご講演をいただきました。講演の要旨は、「建設場所は当初県内12か所が示されたが、検討委員会(林田会長)で4か所へ絞られた。明後日2月10日の委員会で県民5000人の意識調査(建設場所)の結果が発表され、これで建設場所は事実上決定となる。委員のメンバーの4か所の意見を良く読むとマイナス面が沢山書いてあり専門委員の考えは明らかだ。①鳥取市役所は移転が前提だが移転反対の訴訟中であり、埋蔵文化財も懸念される。②砂丘は県民が日常的に行きにくい場所で、自然公園法上地下に建設となり建設コストが高い。③北栄は青山コナンと相乗効果があるが、塩害被害が出そう。④ラグビー場は東西からのアクセス道路の問題以外ほぼマイナス面がない。5000人の方が専門委員の意見をしっかりと読めるかどうかがポイント。調査結果は既に出ているが極少人数しか知らず現状把握していない。マスコミとして情報をすっぱ抜きたいが本当に分からない。西部の方が感心を持ってくれれば東部vs中西部となるが、少し心配している。ドキドキしながら10日の発表を待っている。」である。最後に恩師多田先生の評価は95点!!

 

 

 

 

 

2017年3月29日

冬の薬膳講演を開催しました

冬の薬膳講演を聞いて

計画委員長     L明里 寛

冬の薬膳料理をいただきながら、岩佐様のご講演をいただきました。
これまで2回秋、春、講演いただき今回冬の薬膳講演でした。

五行図での解説で非常にわかりやすく説明していただき、冬は「腎」の働きが活発になり大切な機能として、体のエネルギーとなる「精気」を貯蔵するということでした。
腎の衰えによる症状の説明では、疲労感、抜け毛、肩こり、腰痛などなど、すべてが当てはまっていたのでビックリでした。
おしながきにも「黒色の季節」と書いてあり、黒色の食材を積極的に取ることがよいと聞き、黒豆、昆布など、講演後は家ではとにかく黒いものをリクエストしています。
アンチエイジングにも効果的ということなので継続して摂取していきたいと思います。

そして今から夏の薬膳講演が楽しみです!ぜひよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

2017年3月29日

創立100周年記念事業「クリーンアップ大作戦」を開催しました

「クリーンアップ大作戦」ご苦労様でした。

100周年記念委員長 L加藤康彦

去る1月22日(日)の午前中、7R2Zの4クラブ合同の奉仕活動を実施しました。「大作戦」なんてフレーズが何か気恥ずかしく感じられましたが、ともかく多くの会員に出席頂き、誠意のこもった奉仕ができました。ありがとうございました。

作業は倉吉市立図書館と関金支所にある図書館で、日頃職員の方々が手の回りにくい蔵書の手入れとか古新聞の処分や重いスチール棚の運搬等でした。倉吉LCからは18名が参加。小雨の降る中、L浜田、L本田に用意して頂いた軽トラックに6名でスチール棚を積み込み、関金支所の図書館に運搬。12名の方々は絵本のクリーニングに汗を流しました。

作業終了後は、都合の良い方々で昼食を兼ね慰労会を開き、楽しいお酒を頂きました。ご苦労さまでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年3月29日

創立記念例会が開催されました

幹事 L中井修二郎

12月第1例会では、わが倉吉ライオンズクラブの57回目の創立記念会が行われました。普段はあまり感じることがないのですが、半世紀以上こうして奉仕活動を続けているわがクラブの伝統の重みを改めて実感いたしました。

また会員の長期に亘る奉仕活動を表彰するモナーク賞の伝達表彰式も同時に行われ、在籍55年L名越勉、35年L藤田義彦、25年L清水俊男、20年L名越宗弘、10年L中井修二郎の5名にシェブロンが手渡されました。

ゲストの石川達之さんの講演も素晴らしく、美味しい料理と共にとても楽しい夜となりました。

 

dsc01450 dsc01457 dsc01434 dsc01449 dsc01456 dsc01451

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年12月27日

100周年を記念して植樹を行いました

100周年記念植樹

副ツイスター L清水 俊男

キャビネット会議報告で今年度は(記念)になり、これはその一つに地域遺産事業を行う。今期の目玉は‘‘レガシープロジェクト,,地域社会に贈り物をすることで、私達の100周年を記念し、各クラブの奉仕の証を永続的に残そうとする。という基本理念があり、記念委員長にはL加藤、委員には理事メンバーと各委員長で構成されました。
11月18日(火)防災センターくら用心の中庭に枯れた梅の捕植として紅梅1本が計画されました。伝建群は先の震災被害が多かった事、中庭には彫刻の文化財があり、なにかと配慮しての作業となりました。
先ず贈呈式には石田市長、福井教育長に出席賜り、作業は枯木の伐根から始まり、1t吊りのチェーンブロックでも容易ではありませんでした。枯れの直接の原因と思われる白紋パ病らしき菌子を見ることが出来、準備した客土で入替致しました。植付が終わり記念植樹看板設置、後片付が終わる頃には残土・かなりの数の道具等車に積み込まれ、会員の皆様の手際の良さに感動致しました。今回の梅は寒紅梅で例年ですと1月下旬には開花する稍々早咲の品種です。レガシーでこんなにすばらしい事業につながるとは思いませんでした。反省会も盛り上がりました。

 

dsc01389 dsc01313 dsc01319 dsc01388 dsc01326 dsc01376

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年11月27日
Previous Posts