つなげよう想い いまここから

               

倉吉ライオンズクラブ 2019年度スローガン

3月第1例会ゲストスピーチ「倉吉ワイナリーの事業計画」

「倉吉ワイナリーの事業計画」
㈱いまむらワイン&カンパニ―
代表取締役社長 今村憲治 様

ご講演を聴いて

L山下正喜

3月の第1例会は㈱いまむらワイン&カンパニ―の今村社長様より「倉吉ワイナリー」について、誕生から今後の事業展開並びに将来計画などのお話をお聴きしました。

特に起点となった「広域ワイン特区」認定により、製造数量基準緩和で小規模ワイン醸造が出来るようになり「鳥取の葡萄から至高の日本ワインをめざして」のお話は興味深い内容でした。

講演後の懇親会は、今村社長の説明で「いまむらワイン」を飲みながら、ワインに合った料理を堪能し楽しい会食をしました。
これからの「倉吉ワイナリー」の事業展開と毎年の新酒のワインが楽しみです。

2019年3月30日

少年少女バドミントン大会を開催しました

少年少女バドミントン教室

L中井修二郎

3月16日(土)県立体育文化会館で、バドミントンSJリーグで活躍している「山陰合同銀行バドミントン部」の皆さんをお迎えして、「第2回少年少女バドミントン教室」を開催しました。

当日は小学校低学年から中学生まで100名を超える参加者があり、レベルごとにグループに分かれて午前中は基礎的な練習からスタートし、午後からはゲーム形式でトップクラスの選手の皆さんから直々に指導していただきました。参加した子供達は程良い緊張感の中、真剣なまなざしでシャトルを追いかけている姿がとても印象的でした。

この日は大変寒い1日でしたが、倉吉ライオンズクラブのメンバーは分担して会場の設営から豚汁の炊き出しなどを行い、事故や怪我などなく無事に事業を終える事ができました。

近い将来この教室の経験者の中からトップアスリートを輩出することが出来たら素晴らしいですね。

 

2019年3月30日

2月第2例会ゲストスピーチ「頼まれ事は試され事」

講演を聴いて

L 杉本 友子

彼は私の義弟でよく知っているのですが、初めて講演を聞き、なんだか感動してしまいました。

元々、オムロンで働いていた彼は、自分の結婚の時のカメラマンの生き方、考え方に魅せられオムロンを辞め、弟子入りしました。ただ、その方の考え方、生き方を学びたくて弟子入りしたので、写真が撮りたいわけではなかったのですが、仕事を任され大きな失敗を3度しました。3度目の時に辞めることを考えましたが、3度目に謝罪に行った先のお客様のお母さんより言われた言葉「大塚さん、写真を撮り続けてください」の一言で救われ、本気で写真を撮りたいと思うようになり、2014年ジャパンウェディングフォトグランプリ プロフェッショナル部門 総合グランプリで日本一となりました。

主に結婚式の写真を撮っている彼が一番大切にしているのは、お客様、夫婦との話を長く取って、お二人が一番大切にしていることや、場所を写真に取り入れていく。そのことにより結婚アルバムを見た時に夫婦の一番の思い出が蘇ってきたり、初心に戻れたりする、ととても喜ばれているそうです。ある方のおばあちゃんは、ボケて記憶がなくなっていたのですが、記憶が蘇り、泣いて喜んでくださったことも。

大塚健一朗さんの理念
1.目の前の人を幸せにする
2.お客様の満足を超える満足の提供
3.頼まれ事は試され事
4.時間は命

何のために仕事をするのか? 仕事とは目の前の人を幸せにすること、結果、幸せの量がお金として手に入る。義務教育は授業料を支払い、先生から学ぶ、仕事はお金をいただきながら周りの方々から学ぶ。
私も自分事として考えさせられた講演でした。

2019年3月18日

新年祝賀合同例会を開催しました

新年祝賀合同例会

L 森 耕生

平成31年1月10日倉吉シティホテルにおいて48回目となる4クラブ新年祝賀合同例会が開催されました。

ホストクラブである倉吉打吹ライオンズクラブの西嶋会長の挨拶により開会しました。
続いて7R-2ZZC L 入江規矩雄の挨拶、その後、北栄町副町長 手嶋俊樹様、元国際理事・地区特別顧問 名越勉様より来賓挨拶をいただきました。

今年度のアクティビティでは、北栄町のJR由良駅(通称 コナン駅)にカメラスタンドが寄贈され、多くの観光客にとって非常に便利で貴重なアイテムになるのではないかと思っています。

例会後の懇親会では、バイオリンとエレクトーンのハーモニーの中で美味し料理を堪能し、ビンゴゲームでは豪華賞品が揃えられ大変な盛り上がりをみせました。
最後に、全員でまた会う日までを歌い、ライオンズローアでお開きになりました。

私自身、この時期は繁忙期と重なってしまい、昨年まで出席できずに初めての新年祝賀合同例会でしたが、楽しい時間を過ごさせていただきました。

最後になりましたが、ホストクラブの皆様、準備に携わった方々、本当にお疲れ様でした。

2019年2月18日

少年少女バドミントン大会参加者募集のご案内

山陰合同銀行バドミントン部のメンバー・指導者をお招きし、第2回となるバドミントン教室を開催いたします。

第1回の様子はこちら→少年少女バドミントン教室を開催しました


参加申込書のダウンロード( Word /  PDF  )

開催概要

日 時 平成31年3月16日(土)
受 付 9:15~
開会式 9:45~
会 場 県立倉吉体育文化会館
※参加者全員に昼食を提供します。

目的

バドミントンの普及とスポーツ活動を通じた青少年の健全育成

講師

山陰合同銀行バドミントン部

対象

小学1年生~中学生(定員150人)

参加費

子ども(小・中学生)500円/人

※昼食、スポーツ保険、会場借上げ費に使用します。

申込み方法

平成31年3月6日(水)までに、倉吉ライオンズクラブ事務局にFAX・メールのいずれかでお申し込みください。

FAXでのお申込み

FAX番号 0858-24-6882 (倉吉ライオンズ事務局)
参加申込書のダウンロード( Word /  PDF  )

メールでのお申込み

件名を「バドミントン教室申込み」とし、
本文に参加申込書の必要事項を記載の上、
office@kurayoshi-lions.jp までお送りください。

参加費は当日集金いたします。

お問い合わせ先

倉吉ライオンズクラブ事務局
TEL:0858-24-6881
メール:office@kurayoshi-lions.jp

多数のご参加をお待ちしております!

主 催  倉吉ライオンズクラブ
共 催  NPO法人かほくスポーツクラブ

2019年1月29日

クリスマス家族例会を開催しました

クリスマス家族例会に参加して

L 羽合江美

平成最後のクリスマス家族例会が12月22日(土)にセントパレス倉吉で開催されました。今年は例年以上に参加者が多く、LL、LBとで49名だったそうです。

L戸崎のサンタ、L穴田のトナカイとてもよく似合っておりました。子供達もサンタから大きなクツのプレゼントをもらい「ありがと~」と、とても嬉しそうでした。お子様ランチもおいしそうに食べてたのが印象的です。会もいい雰囲気で進み、各委員会対抗のゲーム大会が行われました。スプーンリレーでは、事業委員会と会員・会報委員会が同点でジャンケン勝負・・・会員・会報委員会の優勝でした。ここで私は仕事の為、退席したので続きはL本田に書いて頂きます。

この度のクリスマス家族例会でクラブに入会して私は3回目になるのですが、今回は初めて3歳の息子と2人で参加させて頂き楽しくワイワイできたと思ってます。途中で息子が帰りたいとの事で大変でした(笑)来年は家族で参加できたらいいなと感じました。最後にプレゼント交換は盛り上がりましたね!楽しい時間をありがとうございました。

2019年1月29日

創立記念例会を開催しました

創立記念例会

L加藤康彦

昭和34年(1959年)12月9日結成から59回目の記念例会でした。例会の時にも申しましたが、チャーターナイト(認証取得)は翌昭和35年9月24日。私の誕生日が昭和36年9月23日で、認証1周年の翌日に産まれた訳です。本当に長い歴史です。元号が平成から新元号に代わる今年の9月に認証59回となります。

さて、毎年厳かな記念例会ですが、今回もジャズの演奏を聴きながらゆったりと美味しいお酒を頂きました。偶然にもオリンピックイヤーとなる2020年9月に迎える認証60周年に向けて皆で力を合わせて行きましょう。

2019年1月10日

ゲストスピーチ「人を育てる・人が育つ~素直に謙虚に常に挑戦者たれ~」

ご講演をいただいて

L浦木 純二

「人を育てる・人が育つ~素直に謙虚に常に挑戦者たれ~」この演題で、鳥取県教育委員会事務局 足羽英樹教育次長にご講演をいただきました。

教員を志した理由・15年間の野球部監督経験・10年間の県教委事務局勤務経験・親として子どもとの関わり等について、丁寧にわかりやすくお話ををされました。

特に、野球部監督として学んだことについては、リレーコラム「私のスポーツ日誌」というその当時新聞掲載されたご自身のコラムを活用されていて、とても興味深いものでした。その中で、

・試合に「勝つこと」「負けること」の意味を伝えるのが指導者の大切な役目であり、それが子ども達の成長につながる。

・信頼関係を築くためのセオリーはない、日々の積み重ねが大切である。

等々、子ども達への関わり方の経験談を紹介していただきました。終わりに、倉吉・鳥取県の子ども達の健全育成をみんなでしていきましょう!と締めくくられました。

私も中部地区の子ども達と関わる時間がたくさんあります。今日の講演内容を参考にして、将来この中部・鳥取県に貢献できる“人財”育成の一端を担っていきたいです。

2018年12月25日

4クラブ合同アクティビティ 献血

献血にご協力を!

L高田充征

去る10月28日(日)に、倉吉未来中心において4クラブ合同アクティビティ献血が行われました。当クラブでは、私と事務局會見さんが午前・午後とも参加し、午前はⅬ戸﨑、Ⅼ中井、Ⅼ東田、Ⅼ杉本、午後は、Ⅼ森の参加により実施されました。

当日は晴天に恵まれ、屋外の広場でフリーマーケットが行われており多くの人で賑わっていたことから、当クラブののぼり旗を手に「献血にご協力お願いします!」と呼びかけを行いました。呼びかけをしている時に「お疲れさまです。」「後で(献血に)行きますね。」と声を掛けてくださる方々もおられました。大変有難い限りです。午前は、臓器移植普及キャンペーンが同じく倉吉未来中心で行われたことから、そちらとの掛け持ちによる実施となりました。このようなライオンズクラブにおける活動が、世の中のけがや病気の方々の助けになっているのは間違いのないことです。

この度のアクティビティに参加いただきました各位に感謝申し上げます。ありがとうございました!

2018年12月10日

10月第2例会 ゲストスピーチ「秋の薬膳~秋の過ごし方と肺を潤し乾燥対策~」

10月第2例会ゲストスピーチ
「秋の薬膳」~秋の過ごし方と肺を潤し乾燥対策~
ホテルセントパレス倉吉 岩佐 朱実 様

 

L 山本 庄英

10月第2例会はホテルセントパレス倉吉 岩佐 朱実 様より「秋の薬膳」~秋の過ごし方と肺を潤し乾燥対策~についてご講演いただきました。

まず、薬膳とは中国医学の陰陽五行説に基づいていて、医食の関わりをお話しいただきました。

その後、薬膳料理がならび一品ずつ効能について説明いただきました。

地球上には陰陽が有り、夏秋冬春にかけて陰陽は廻っていくのでその時々の旬の食材を食べる自然と体調も良くなるというお話を聞きながら薬膳料理を皆で美味しく楽しく頂きました。

 

PS/私も日頃の暴飲暴食を反省しつつ頂きました。

2018年12月10日
Previous Posts Next posts