9月第1例会ゲストスピーチ「子育てに支援を必要とされている方への対応について」

子育てに支援を必要とされている方への対応について
~児童虐待を防止するための取り組み~
鳥取県倉吉児童相談所 所長 大下 幹男 様

児童虐待の現状と防止の取り組み

L本田亮陛

鳥取県児童相談所 所長 大下様より、最近のニュースでもよく取り上げられている児童虐待について、痛々しい光景が目に浮かぶようなワード、なぜ虐待をするのか、なぜもっと早く防止できなかったのか、疑問に思いながら聞きました。

虐待の原因はさまざまですが、近年では子育てのパーソナル化という事で、核家族化が進んでいるため、周りの地域の方とのコミュニケーションを図るのを拒む世帯が多くなってきている背景があるのではないかと想定しています。その中で子育てに悩んで、相談する人が身近にいない環境によって虐待を繰り返し、最悪死に至らしめるようなケースもあるということなので、いかに地域とのコミュニケーションが大事なのかを教えてくれるようでした。

年々、児童虐待対応件数も増加する中で、一人でも虐待を受けない未来がくることを願っております。


2019年10月20日