9月第2例会ゲストスピーチ「熊本地震の災害派遣体験談と防災について」

9月第2例会ゲストスピーチ
熊本地震の災害派遣体験談と防災について
自衛隊鳥取地方協力本部 倉吉地域事務所 所長 大川畑雄二 様

自衛隊災害派遣活動体験談を聞いて

L 山本賢一郎

これまで自衛隊の方のお話を聞く機会が殆どなく、この度の講演はどの様な話だろうと、とても楽しみにしていました。熊本地震の災害派遣活動の体験談を通じて、災害派遣活動で行われていることの紹介がありました。ある程度想像はしていましたが、実際に「人命救助の場合72時間が勝負で交替しながら夜通し作業をする」とか、「機械で土砂を撤去し、家が出てきたら手作業に切り替える」など、話を伺うと現場の緊張感が伝わってきました。
また、「災害現場は皆の気持ちが落ちているので笑顔で作業することを心掛ける」ということも言われ、その様なところまで配慮されていることに感動しました。
最後に、災害への備えに関する確認で、①自分の地域の避難場所・経路の確認、②2~3日分の水・食料の備えが有るか?(自衛隊が来るのに3日掛かる場合もある)、③電気が無くても大丈夫か?という確認があり、改めて、自分の家でも確認が必要だと思いました。


2019年10月30日