「ひいなの祭りくらよし」が開催されました

ひいなの祭り

事業副委員長 L中井修二郎

倉吉に春の訪れを告げる倉吉ライオンズクラブの『ひいなの祭りくらよし』。今年は3月27日(日)のオープニングイベントを皮切りに4月3日まで「豊田家住宅」や「倉吉淀屋」など「赤瓦」周辺の観光スポットに雛人形や土天神を展示させていただきました。倉吉の伝統的な町屋建物の趣のある雰囲気と見事に相俟って、多くの観光客や地元の方が足を止めてその空間を楽しんでいただいたように思います。

また27日のオープニングイベントは研屋町公園で恒例のもちつきやポップコーンの無料配布を行い大好評でした。前日の予報では天気が心配されましたが、メンバーの皆さんの情熱で見事に晴れ、かわいい着物を着た雛行列が通ると、その雅な佇まいに多くの人が歓声をあげて、写真を撮っていました。

今回は東京からライオン誌の編集の方もお見えになり、イベントの様子を取材していただきました。そちらの方もとても楽しみです。

斎藤事業委員長を中心に準備から片付けまで皆様お疲れさまでした。

DSC00302 DSC00303 DSC00315 P1060306 DSC00180 DSC00213 DSC00252 DSC00266


2016年5月17日